【CZEN GINZA CLINIC】
PRP療法の充実した設備で患者様に安心と安全を提供する

CZEN GINZA CLINIC(シゼン ギンザ クリニック)は「真正かつ良質な医療サービスを通して、人々の心と身体の健康増進に寄与する」ことを使命に掲げています。最先端の再生医療、美容外科、および美容皮膚科を各分野の第一線で活躍しているスペシャリストが治療を担当し、高度な治療を安全に提供しているクリニックです。
今回は院長 鈴木明世(すずき あきよ)先生に今話題のPRP療法についてお話しを伺いました。

「本物」を追求し、高い道徳理念に生きるプロフェッショナルを目指すクリニック

――クリニックについて教えて下さい。

鈴木 当院では座右の銘である「順理則裕(理にしたがえば、則ち裕なり)」を理念にしています。道理に従って生きていきましょう、私利私欲ではなく、社会全体のことを考えましょうという意味がこめられています。
さらに具体的にいいますと、我々はProfessional with high ethical standard(高い道徳理念に生きるプロフェッショナル)でありたいと思っています。患者様への施術や接遇にもプロフェッショナル精神を持ち対応しています。例えば当院では最先端の再生医療、美容外科、および美容皮膚科を各分野の第一線で活躍している形成外科専門医、皮膚科専門医のスペシャリスト達が担当しています。
また、最新の細胞培養加工施設(CPC)という細胞を培養する専用のクリーンルームを併設しており、厚生労働省から施設番号が付与されている全国でも珍しいクリニックとなります。このため、手術室から患者様の細胞を汚染させることなく培養室に移動することが可能となります。
院内の内装もハイクオリティかつホテルライクな非日常を感じて頂けるように整えており、完全予約制のプライベート・クリニックです。

とことん「本物」を追求し、充実した設備でPRP療法を行う

――貴院でも人気のPRP療法とはどういった療法なのでしょうか?

鈴木 PRP療法は再生医療の枠組みには入っていますが、実は20年以上の歴史があり、多数の論文で効果が証明されている安全性の高い治療法です。PRP療法とはPlatelet-Rich-Plasma、つまり血小板がたくさん入っている血漿という意味です。患者様から採った血液に重力をかける遠心分離という操作を行うと、一番重い赤血球が試験管の最下層に沈み、中央の層には血小板、一番上に血球成分が無くなった血漿部分と大きく三層に分離されます。PRP療法では中央にある血小板を多く含む層を治療に使用します。血小板は沢山の成長因子を放出する工場のようなものです。それほど良いものであれば、この成長因子を産生する工場を集めて、濃縮した状態で治療に用いたらどうだろうと始まったのがPRP療法です。PRP療法ではご自身の成長因子を用いているため、効果がより確実であることに加え、アレルギー反応や感染の心配が少ないという大きなメリットがあります。何らかの理由で内服ができない方でも、ご自身の成長因子なので、安全にご利用頂けます。成長因子には様々な種類がありますが、例えば、PDGF(血小板由来成長因子)はコラーゲン産生を促します。コラーゲンは体内にあるタンパク質のおよそ30%を占めるとても大事なタンパク質の一つであり、肌の主成分となる重要なものです。他にもVEGF(血管内皮成長因子)は血管を作る成長因子です。血管は工事現場の道路のようなものです。薄毛でお悩みの方の場合、とても細いあぜ道のような脆弱な道路で毛根という現場に栄養物資を運んでいる状態です。これをVEGFで血管を新生・増強することで、あぜ道から高速道路のように増強し、毛根により多くの血流(栄養物資)を運べるようにすることで毛根を元気にすることができます。

PRPに含まれる主な成長因子とその働き

――貴院のPRP療法においてのこだわりを教えて下さい。

鈴木 当院は正式なプロセスを踏み、厚生労働省に第二種および第三種再生医療等提供計画を提出し、再生医療に必要な治療計画番号を取得した医療施設です。クリニック内には厚生労働省に届けを出し、認可された専用の細胞培養施設も用意しています。0.3μmの粒子に対して99.97%以上の粒子捕集率を有する特殊な空調フィルターを備え、徹底した衛生管理を行っており設備も充実しています。すべてにおいて言えることですが、患者様に安心を提供するために、当院では「本物」を追求しています。PRP療法以外にも最先端の治療法である脂肪由来幹細胞治療を受けることもでき、再生医療の治療メニューも豊富に用意しています。ご自身の「PRP」・「幹細胞」は、皮膚の若返り、ニキビ・ニキビ痕の治療、AGA・FAGAなどの薄毛治療、変形性膝関節症等による膝の痛みの治療に用いることが出来ます。これらの再生医療は他の治療法ではみられなかった、大きな効力を発揮しています。

他の美容施術と併せることでさらなる相乗効果が期待できる

――PRP療法はどのような方におすすめなのでしょうか?

鈴木 頭髪の薄毛が気になる方、お肌にハリが欲しい方、ニキビやニキビ痕を治したい方、膝の痛みにお悩みの方におすすめです。AGA・FAGAなどの薄毛治療は内服療法が何らかの理由で出来ない方でも、PRP単独で効果が期待できます。また、ハリウッドセレブが行っていることで人気となった、ヴァンパイアフェイシャルなどはPRPとダーマペンを組み合わせた施術です。ダーマペンはお肌に小さな穴をあけ、自然治癒力を利用してお肌を美しくする施術ですが、小さな穴をあけた上から直接塗ることで、成長因子が皮膚の中に浸透しやすく、より効果を高めます。また、水光注射という極細の針が9本ある器械で肌の深部にしっかりとPRPを注入する施術も人気です。肌の凹凸が気になる方にはヴァンパイアフェイシャル、肌質を改善したい方には水光注射がおすすめです。他にも、変形性膝関節症など膝の痛みがある方の場合、保険治療では内服や湿布などの外用薬での治療が主となり、それ以上に痛みを何とかしたい場合は、次のステップが人工関節置換術という人工の膝に入れ替える大きな手術となります。やはり手術となると、患者様の中に戸惑いが生まれてしまいます。そこで、当院では内服や湿布の次なるステップで非侵襲的にできる治療として、PRP療法や幹細胞治療をおすすめしています。注射を患部に打つとPRPで半年から1年程、幹細胞でそれ以上の期間痛みが軽減された状態になるので、プロのサッカー選手や野球選手も治療として選択しています。

治療の流れ

――PRP療法はどのくらいの期間に受けることがおすすめでしょうか?

鈴木 部位によりますが、AGA・FAGAや肌質改善であれば1か月に1度の注入を半年から1 年継続して頂くことをおすすめします。頭髪の治療ですと、毛周期がありますので少なくとも1 年くらいは続けて頂くのがおすすめです。PRP療法の回数を重ねていくにつれコラーゲン造成や毛細血管が発達していき、肌の中に定着していきます。徐々に組織の修復をしますので、定期的に治療を受けていただくことがおすすめです。

――PRP療法を受けるにあたっての注意事項を教えて下さい。

鈴木 PRP療法は再生医療の申請が厚生労働省へ必要になりますので、時間と手間がかかります。その為、PRP療法や似たような治療名をうたっているクリニックの中には、残念ながら実際にPRP療法とはいえないものを行っている所もあります。PRP療法に限ったことではありませんが、美容医療は専門知識が必要なため、見極めることは難しいです。その中で見極めるポイントとして、クリニックの医師が形成外科専門医や皮膚科専門医を取得した上で美容医療に携わっているか、また事前カウンセリングなどをしっかり受けるなどして信頼に足るかどうかを、きちんと確認することをおすすめします。

――最後に、患者様へメッセージをお願い致します。

鈴木 PRP療法はきちんとした医療機関で施術を受ければ結果がでます。当院は真正かつ良質な医療サービスを提供することを使命として掲げており、患者様には安心して治療を受けて頂けることをお約束いたします。患者様それぞれのお悩みがあると思いますが、カウンセリングを通して解決の治療を提案させていただきますので、是非一度来院され、ご相談ください。スタッフ一同心より皆様のお越しをお待ちいたしております。

CZEN GINZA CLINIC

院長 鈴木 明世
   (すずき あきよ)
日本形成外科学会認定 形成外科専門医

経 歴

Union大学卒業 B.A. in Biology(米国ユニオン大学生物学学士)
弘前大学医学部医学科入学(3年次学士編入)
University of Tennessee School of Medicine Clinical Clerkship
Loma Linda University Plastic Surgery Observership
弘前大学医学部医学科卒業
手稲渓仁会病院初期臨床研修
札幌医科大学附属病院 形成外科
Chang Gung Memorial Hospital Plastic Surgery Observership
室蘭市立病院 形成外科医長
砂川市立病院 形成外科
札幌医科大学附属病院 形成外科 助教
がん研有明病院 形成外科
CZEN GINZA CLINIC 院長

資格・所属学会

日本形成外科学会学会専門医
日本形成外科学会
日本美容外科学会(JSAPS)
日本再生医療学会
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
日本マイクロサージャリー学会
日本形成外科手術手技学会
日本手外科学会
日本創傷外科学会
日本熱傷学会

CZEN GINZA CLINIC

〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-9ニューギンザ5ビル9F
TEL: 03-6251-9191(予約専用ダイヤル)

診療時間 日・祝
10:00~13:00
14:00~18:30

休診日:水・土
※完全予約制
※午前最終受付時間11:30
(診断・施術により最終受付時間は変わりますので、お問い合わせください。)
※午後最終受付時間17:30
(診断・施術により最終受付時間は変わりますので、お問い合わせください。)

関連記事

  1. 【麹町皮ふ科・形成外科クリニック】
    外側だけの美ではなく内面からの美を追求したい

  2. 【株式会社ジェイメック】
    国産医療レーザー機器メーカー”ジェイメック”。“FOR THE PATIENT’S SMILE” 世のため人のためのビジネスをモットーに。

  3. 【Ark Clinic】
    顔・全身のトータル的美容医療に対応。
    「アーククリニック」

  4. 【渋谷ルコラコクリニック】
    歯科と医科が一緒になってトータルで身体を診る「トータルビューティークリニック」

  5. 【池袋ささき皮ふ科クリニック】
    ニキビで悩む若い患者さんに、景気の悪い今だからこそ良心的な価格で高質の医療を提供したい

  6. 【松倉クリニック&メディカルスパ】新たな気持ちで医療に取り組んで、患者様に信頼される医者になりたい 松倉クリニック&メディカルスパ 西川史子先生

  7. 【クリニックビザリア銀座】
    美容大国 韓国で培った美容医療知識を広め、リジェンスキンでもっと美容医療をお手軽なものに導きたい。

  8. 【イークリニック麻布】
    「ゼオスキンヘルス Zo Skin Health」 美しくなる喜びが待っている 未来につながるスキンケア

  9. 【成城スカイファミリークリニック】
    地域の方のかかりつけ医として、子供からご年配の方まで幅広く対応

  1. 銀座たるみクリニック

  2. アール美容皮膚科

  3. かすがい皮膚科

  4. うるしばらクリニック

  5. 医療法人新産健会<br>おおあさ皮フ科クリニック

エリア別

    INSTAGRAMインスタグラム